今さら聞けない!?グリーンスムージーと呼ばれる3つの条件とは?

グリーンスムージーの名前はよく聞くけど、これって何なのだろう…と少々時代に追いつけていない方はいるのではないでしょうか。
しかし今さらすぎて「グリーンスムージーとは何?」とはちょっと聞きづらいですよね。

このせいで「流行おくれ」とバカにされたくないですもん。
そんなあなたにグリーンスムージーのことをたっぷりご紹介しましょう。
どういうものがグリーンスムージーと呼ばれているのでしょうか。

グリーンスムージーとは簡単に言うと野菜と果物を混ぜ合わせたジュースです。
材料としては葉物野菜+果物+水分(水やジュースや牛乳など)が入っていて体にいい効果があります。
栄養をゴソッとジュースにして飲めるわけですので、健康志向が強い方や美容にこだわる方には人気が高いですね。

また流行りに乗って飲んでいる方も多いです。
野菜がたくさん入っているので、少々苦みがありドロドロとした飲み心地が特徴です。
例えグリーンスムージーが何かと答えをチラッと知っている人でも、このグリーンスムージーの正しい定義を知らない方はいるでしょう。

ではグリーンスムージーと呼ばれるための3つの条件をご紹介しましょう。
グリーンスムージーは「材料を皮やタネごと使います」、また「材料をミキサーを使って混ぜ合わせます」。
それから「果物だけじゃなく、生の葉物野菜を使います」これがグリーンスムージーの定義であり、条件です。

昔は凍らせた果物や野菜をミキサーで混ぜ合わせて作る飲み物のことをスムージーと呼んでいましたが、今は凍らせなくてもスムージーと呼びます。
このような条件を守った飲み物がグリーンスムージーと呼ばれるのです。
グリーンスムージーについて少しは分かっていただけたでしょうか。

グリーンスムージーを作るときはこのような3つの条件を守って作ってみましょう。
グリーンスムージーとは健康や美容のために飲む人が多い飲み物です。
ぜひともこの野菜や果物をまるごと使った栄養分満点なグリーンスムージーを飲んでみましょう。
そうして健康な生活を送ってくださいね。